【防災】自分用にカスタマイズ!防災ケースを準備しよう

考え、備えよう!

いつ起こるかわからない災害。自宅で被災するとは限りませんよね。今回、外出先で災害にあった時のための「防災ケース」を用意してみました。防災について考える良い機会になったので、ご紹介します。

外出先での「いざ」に備える!

収納品の例 ※必要なものは一人一人異なります。自分にとって必要なものを用意しましょう。

防災ケースの収納品の例
1、携行食(ようかん) 2、圧縮タオル 3、ホイッスル 4、絆創膏 5、綿棒 6、常備薬 7、耳栓 8、コンタクトレンズ 9、歯ブラシ・歯磨き粉 10、ボールペン 11、エチケット袋 12、マスク 13、ゴム手袋 14、携帯ポンチョ 15、現金 16、ウエットティッシュ 17、付箋 18、テレホンカード 19、箸 20、シリコンコップ 21、ビニール袋 など (参考*警視警備部災害対策課のX(旧Twitter))

平たいプラスチックケースに入れ、「防災ケース」として持ち歩くと便利とのことだったので実際に入れてみました。

それほど場所も取らず、収納、持ち運びしやすかったです!日頃からカバンの中に入れて持ち歩くとより良いと思いますが、私たちの家庭では、毎日使う車や職場、自宅の棚に備えておくことにしました。

100円ショップで揃う!

自宅に用意していた防災グッズをあらためて確認してみると、備えの不十分さを痛感しました。準備していたはずなのに見当たらなかったり、期限が切れていたり、劣化していたり。また、今は必要ないものが入っていたりと定期的な見直しの必要性を実感しました。

被災時に必要なものは、赤ちゃんがいればオムツや離乳食、お年寄りであれば入れ歯や杖、他にも生理用品やコンタクトレンズなど、年齢や時期、性別によって一人一人異なります。防災グッツの多くは100円ショップでも購入できました。「いざ」という時のために家族にあった備えを心がけたいですね♪

この著者の最新の記事

関連記事

友だち追加

おすすめ記事

  1. 2024-2-29

    【春日市】新幹線が見える公園

    鉄道が好きなお子さま必見♪ 春日市、JR西日本の新幹線車両基地のすぐ近くにある「春日西多目的…
  2. 2024-2-13

    【九州大学伊都キャンパス】ワークショップコレクション【2024年3月16日・17日】

    こどものためのワークショップ博覧会 2024年3月16日(土)、17日(日)に福岡市西区の九…
  3. 2024-2-13

    【暮らしのアイディア】プチギフトに♪子どもが喜ぶラッピング

    バレンタインやイベントに♪ プチギフトとしてお菓子をプレゼントする際に、ファミリーパックのお…
インスタ

電子ブック
友だち追加

プレスリリース

  1. 2018/2/21

    Webサイトを公開しました。
過去の記事
ページ上部へ戻る