【新宮町】家族での登山デビューに!福岡市街地一望の立花山

4/11(日)立花山山開き!

立花山は、福岡市東区、糟屋郡新宮町、糟屋郡久山町にまたがる、標高約367mの山です。戦国時代には、山頂に立花山城が築かれ、山腹には当時の石垣や古井戸を見ることもできます。コロナ禍で人気が高まっているというキャンプや登山。立花山は、比較的子どもにも登りやすいと聞き行ってみました!

新宮町にある登山口・立花口では、4/11(日)「立花山山開き」が行われ(例年は山頂でのふるまいなどがあるようです)、たくさんの登山客が訪れていました。中には、園児ぐらいの子どもたちも!「子どもでも登りやすい」という話は本当!?福岡市街地に近く、行きやすいのもいいですね。

県道山田新宮線を久山方面へ向かう途中の右手に、登山者専用駐車場の案内板があります。
登山口にいちばん近い駐車場です
山開きの横断幕がかかる登山口

約1000m、登って下りるまで2時間ぐらい?

横断幕がかかっている場所から少し歩くと、「山頂まで1000m」の案内があります。1kmなら大丈夫そうと思いつつも、上り坂ですでに息が上がり気味…。日頃の運動不足が堪えます。。。

登山道が始まります。左の小屋に竹の杖が貸し出しされているので、体力に自信のない人はぜひ借りましょう。お子さんには大きいかも?

石や段差がなく歩きやすい部分もあれば、1箇所だけ石が積まれているところを登るところがありました(ロープあり。そこまで高くありません)。階段が続くので、足腰にきます…笑。大きな段差も所々あったので、小さなお子さんは手を添えたり、見守ってあげる必要があるかなと感じました。途中で何箇所かベンチがあったので、休憩しながら進みました。

山頂は広々!海側を一望します

登り始めてから、1時間もかからず山頂に到着。前半、山頂まで無理かも(私の体力が。。。)と思いましたが、杖のおかげでどうにか登れました。山頂は広々としていて、シートを広げてお弁当を食べている人たちもいました。玄界灘方面への展望が開けていて、志賀島やアイランドシティ、遠くは百道方面、糸島の方まで見渡せました。

クスノキの原生林や大クスも必見!

山頂までのルートから横道に逸れますが、クスノキの原生林や樹齢300年以上という大クスも見ることができます。片道5〜10分程度とそれほど時間はかかりませんが、山頂までの道より少し滑りやすい、歩きづらいかもと感じました。小さなお子さんが行く場合は、より注意深く見てあげたほうがいいかもしれません。

「森の巨人たち100選」の大クス。太陽の光が当たって、神々しかったです

隣の「三日月山」もおすすめのようです

立花山の隣には「三日月山」という、標高約272mの山もあります。立花山山頂から三日月山へ縦走するルートもあり、立花山ー三日月山と縦走する方も多くいるようです。三日月山への登山口は福岡市東区の下原にあります。三日月山のほうが低く、子どもも登りやすいという話も聞きますので気になるところです♪

立花山の詳しい情報はこちら▼

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021-5-13

    【フード】栄養価の高いスーパーフードで食生活を整える!

    【スーパーフード】という言葉を耳にするようになってから数年経ちましたが、皆さんは【スーパーフード】を…
  2. 2021-4-30

    本当は教えたくない、プロに習ったパラパラチャーハン!

    冷蔵庫にある材料でパパッと作れるチャーハンは、忙しい日のお助けメニュー。「我が家の味」が一番だけど、…
  3. 2021-4-23

    【劇団四季】ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』上演!

    原作は、英国の作家デボラ・インストールが2015 年に出版した同名小説 (日本では 2016 年小学…
友だち追加

ページ上部へ戻る