ケガに関する悩み相談 ~ケガの処置~

ケガの処置の際、消毒をしない方が良いとテレビ番組で言っていましたが本当ですか?

以前は、ケガをした場合「消毒をして、キズ口にガーゼを当てる処置」が一般的でしたが、最近は「キズ口を消毒せず、乾燥させない」処置が主流になっています。その方がキズも早く治り、痛みも軽減されます。キズ跡も残りにくくなります。自宅では、水道水でキズ口をよく洗い、湿潤療法ができる絆創膏を使用するとよいですね。ただ、すべての場合に湿潤療法が適しているわけではないので、不安な場合は受診されることをおすすめします。

外科・麻酔科のドクターに聞いてみよう!

  • お答え頂いたのは、ふじもとクリニック 藤本院長
  • 頭や顔のケガなど、出血が多い場合も、慌てずに清潔なハンカチ等でキズ口を押さえ、受診してください。
  • 無料個室待合室完備
  • 障害のあるお子様もお気軽にご相談ください。

ふじもとクリニック インフォメーション

電話番号 092-407-0970
住所 福岡市早良区昭代3-5-20
診療時間 8:30~12:00/14:00~17:00※土曜日(第3土曜休診)も17:00まで診療しています
休診日 火曜午後・日曜・祝日・第3土曜
駐車場 有り
ホームページ http://www.clinic-fujimoto.jp/

この著者の最新の記事

関連記事

友だち追加

おすすめ記事

  1. 2020-12-18

    【働くママにインタビュー】学研の先生

    「KidsDo MaMaPLUS」2020年冬号にご登場いただいた学研赤間小前教室の田町先生は、今年…
  2. 2020-12-1

    【子育てインタビュー】とにかく明るい性教育 パンツの教室 長崎みなこさん

    なんとなく、話をすることがタブーになりがちな性の話題。子どもたちから、自分たちがどこから生まれてきた…
  3. 2020-12-1

    ☆特別プレゼントあり☆『子どものタイプ別対応法』を知って、子育てをもっと楽しもう!

    先生の紹介 石田勝紀(いしだ かつのり) 先生『一般社団法人 教育デザインラボ』代表理事。学習…
友だち追加

ページ上部へ戻る