もうすぐ七夕★「たなばたさま」歌詞の意味を解説!

昔から歌われている広い世代になじみ深い「たなばたさま」の歌、よく聴いてみると、意味がわからない言葉がありませんか?
今回は、歌詞の中に出てくる耳なじみのない言葉を解説!
お子さんに「どういう意味?」と聞かれたら、ぜひ教えてあげてくださいね♪

ささの葉さらさら
のきばにゆれる
お星さまきらきら
きんぎんすなご

ごしきのたんざく
わたしがかいた
お星さまきらきら
空からみてる

1番の歌詞にある「のきば」。
漢字で書くと「軒端」となります。これは、屋根の端っこのことで、壁から張り出した部分のことです。
昔はこの「軒端」に七夕の笹飾りを飾っていたので、このような歌詞になったと思われます。

そして「きんぎんすなご」。
これは漢字で書くと「金銀砂子」となります。金箔や銀箔を砂のように細かく砕いた粉のことです。
七夕の星空や天の川のキラキラした様子が表現されています。

2番の歌詞で気になるのは「ごしきのたんざく」。
漢字で書くと「五色の短冊」です。

この五色は中国の五行説にあてはまる五色で、緑(青)・赤(紅)・黄・白・黒のことです。
五行説とは、万物は「木(緑)・火(赤)・土(黄)・金(白)・水(黒)」の5種類の元素からなるという自然哲学の思想で、 七夕やこいのぼり、「土用の丑の日」など、日本の慣習や年中行事に深い影響を与えています。
こいのぼりの一番上に飾られる五色の吹き流しも、この五色が用いられています。 日本では黒は縁起が悪いという考え方から、紫を用いることが多いようです。

七夕の笹飾りにはこの「五色の短冊」に、願い事を書いて飾ると願いが叶うと言い伝えられています。


短くてやさしい雰囲気の童謡ですが、一度も「七夕」という言葉を使わずに七夕が表現されており、 また、「さらさら」「きらきら」と韻を踏んでいたり、「すなご」から「ごしき」へ「ご」でつなげているところなど、 歌詞作りのちょっとしたテクニックもさりげなく多用されていて、実はよく考えられた素晴らしい歌なのだということもわかります。
だからこそ、長い間歌われ続けているのでしょうね。

ぜひお子さんと一緒に歌って、七夕をより楽しまれてくださいね♪

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020-7-8

    【研究協力者募集!:小学校1年~3年まで】子どもの心の発達に関する研究

    株式会社コペルと東北大学の産学連携による研究にご協力いただける保護者とお子様を募集します。 内容 子…
  2. 2020-6-17

    ★書籍プレゼントあり!★【2020年夏号掲載】おしえて!石田先生!「21世紀を生きていく子どもたちに親ができることは?」

    先生の紹介 石田勝紀(いしだ かつのり) 先生『一般社団法人 教育デザインラボ』代表理事。学習…
  3. 2020-4-23

    テイクアウトでオンラインランチを体験!

    外出が自粛されていて、外に出る機会が減っています。 それに伴って、ママ達が顔を合わせる機会も減ってき…
友だち追加

ページ上部へ戻る