【七夕特集】福岡にもある!七夕伝説発祥の地

7月7日は七夕。一年に一度、織姫と彦星が夜空で再会する日です。
子どもの頃に誰もが聞いたことあるこのロマンチックなお話の、日本での発祥の地といわれる場所が、福岡にもあると知っていましたか?

一年に一度の再会にあやかって

日本に伝わったのは、奈良時代といわれており(諸説あります。)貴族たちの間で「芸事の上達」を願う宮中行事として行われていたそうです。

一般に広まってからは、【たなばた】のお話の中で機織をする織姫にあやかって、【裁縫上達】などをお願いしていたそうですよ。

宗像大社 中津宮に流れる天の川

七夕発祥の伝説にまつわる場所が、福岡にもあるのです。

それは、世界遺産として登録された 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産郡 でも知られている、宗像大社。

宗像大社は、日本神話に登場する日本最古の神社の一つです。御祭神は、天照大神の三女神で、沖津宮、中津宮、辺津宮にそれぞれ祀られ、この三宮を総称して、宗像大社といいます。
・田心姫神 たごりひめのかみ
・湍津姫神 たぎつひめのかみ
・市杵島姫神 いちきしまひめのかみ      (宗像大社HPより)

七夕伝説がある場所は、大島にある”湍津姫神たぎつひめのかみ”を祀っている【中津宮】の境内です。そこには、天の川てんのかわになぞらえた「天の川あまのがわ」という川が流れ、川を挟んで【織女社しょくじょしゃ】と【牽牛社けんぎゅうしゃ】があります。

宗像大社HPによると、

天の川伝説には、唐に渡った貴公子が織女を伴って帰国後、二人は離ればなれとなり、日々織女に想いを寄せていたら、ある夜の夢枕で、天の川にタライを浮かべると水鏡に織女が映るとのお告げがあり、それから貴公子は神仕えをしたと伝えられています。

ということでした。大陸に近い九州ならではのお話と感じますね。

中津宮では、旧暦の7月7日に近い毎年8月7日の午後8時より、鎌倉時代から続く七夕祭が行われています。

宗像大社の神事と言えば大船団で海を渡り女神さまをお連れする『みあれ祭』が有名ですが、みんなに親しまれている【たなばた】に関する神事が行われていたということは、意外と知られていないのではないでしょうか。

中津宮で最も盛大な神事である七夕祭の日には、例年露天が立ち並んだり、ステージイベントが行われています。
(本年度のステージイベントなどの開催は未定です。)

アクセス

神湊より市営渡船でわたります。
所要時間は、フェリー「おおしま」で約25分、旅客船「しおかぜ」で約15分です。
運賃は以下の通りです。

大人(小学生を除く12歳以上)570円
小児(1歳以上、12歳までの小学生)290円

時刻表は下のボタンからご覧下さい。

大島には七夕伝説だけでなく、【世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産郡】にまつわる場所がたくさん。
今年の七夕はお子様と一緒に「福岡の七夕伝説」と共に、身近にある世界遺産にも触れてみませんか。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020-7-8

    【研究協力者募集!:小学校1年~3年まで】子どもの心の発達に関する研究

    株式会社コペルと東北大学の産学連携による研究にご協力いただける保護者とお子様を募集します。 内容 子…
  2. 2020-6-17

    ★書籍プレゼントあり!★【2020年夏号掲載】おしえて!石田先生!「21世紀を生きていく子どもたちに親ができることは?」

    先生の紹介 石田勝紀(いしだ かつのり) 先生『一般社団法人 教育デザインラボ』代表理事。学習…
  3. 2020-4-23

    テイクアウトでオンラインランチを体験!

    外出が自粛されていて、外に出る機会が減っています。 それに伴って、ママ達が顔を合わせる機会も減ってき…
友だち追加

ページ上部へ戻る