【PaPaも!】早寝早起きを習慣づけよう!

『KidsDo 2019春号』の「PaPaも! 」では、「FUKUOKA PAPA BOOK(福岡県)」より『早寝早起き』についてご紹介。進級、入園、入学を前に、「朝起きる時間を見直さなきゃ!」というご家庭もあるのではないでしょうか?
「早寝早起きがいい」とはわかっていても、ママたちは夜も家事や次の日の準備に大忙し!家族みんなで早寝早起きの習慣作りに取り組めるよう、まずは「早寝早起き」が子どもたちにとってどういいのか再確認してみませんか。

規則正しい生活リズムを作ろう!


子どもの生活習慣を作ってあげるのは親以外の誰でもありません。早寝早起きや食事をきちんと摂ることは、子どもたちの命を育むこと。1歳を過ぎた頃から、少しずつ早寝早起きや食事の時間など、規則正しい生活リズムを作っていきましょう。

子どもの睡眠時間はとっても大事

平成26年度文部科学省の調査(※)によると、小学生、中学生ともに、就寝時間が早ければ早いほど「自分のことが好き」という自己肯定感が高くなる傾向にあることが分かりました。十分な睡眠と規則正しい生活は、子どもの体だけでなく、心の健康にも大きな影響を与えています。
(※)平成26年度「家庭教育の総合的推進に関する調査研究」
睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査

子どもの学力アップにも規則正しい生活習慣が不可欠

人は眠っている間、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を繰り返します。眠ってすぐのノンレム睡眠では成長ホルモンが分泌され、レム睡眠では記憶が整理され、学習や記憶を定着させる効果があると言われています。睡眠時間が短くなることで、レム睡眠の回数が減ってしまい、成績に影響してしまうことも。せっかく長時間勉強しても、十分に眠っていなければ、その効果も半減してしまう恐れもあるのです。

理想の睡眠時間
新生児(0~3ヶ月 ) 14~17時間
赤ちゃん(4~11ヶ月) 12~15時間
乳児(1~2歳) 11~14時間
幼児(3~5歳) 10~13時間
小学生  9~11時間
14~17歳 8~10時間

※アメリカ国立睡眠財団(NSF)による、年齢ごとに必要な睡眠時間のガイドラインより

「FUKUOKA PAPA BOOK」より

 

福岡県 男性の子育て応援ハンドブック
「FUKUOKA PAPA BOOK」
福岡県では、男性の子育て応援事業の一環としてハンドブックを作成。妊娠・出産・子育てに関する基本的な知識や、子育ての楽しさ、父親目線での家事・育児に役立つ情報を掲載しています。

ホームページよりダウンロードできます!
FUKUOKA PAPA BOOK

情報提供/福岡県福祉労働部 子育て支援課

この著者の最新の記事

関連記事

友だち追加

おすすめ記事

  1. 2020-3-3

    ★書籍プレゼントあり!★【2020年春号掲載】おしえて!石田先生!「毎日のイライラ、どうしたらいい?」

    先生の紹介 石田勝紀(いしだ かつのり) 先生『一般社団法人 教育デザインラボ』代表理事。学習…
  2. 2020-3-3

    【5/8まで閉鎖中】★LINEクーポンあり!★【子連れキャンプ】オシャレに気軽にグランピング!『油山グランピング』

    Instagramで大人気の「キャンジョ」プロデュースで今話題の油山グランピング!キャンジョがセレク…
  3. 2020-3-3

    ★LINEクーポンあり!★【子連れキャンプ】気軽に手軽に!新しいキャンプスタイル『Spa Franping Village大牟田』(スパフランピングヴィレッジオオムタ)

    アメリカから直輸入したおしゃれなトレーラーハウスで、気軽に(フランク)+キャンプと、アウトドア気分が…
友だち追加

ページ上部へ戻る