熱中症かもしれない!と思った時には

KidsDo夏号の「福岡市消防局からのお知らせ」では『熱中症』を取り上げています。梅雨の今ですが、すでに気温が高い日もあります。熱中症かもしれないと思ったときの対処法と予防のポイントをご紹介します。

熱中症かも!?慌てず適切な対応を!

熱中症かもしれないと思ったときには、下の通りに対応しましょう。適切に対応することで、症状を軽減できる可能性があります。

熱中症を防ぐポイント!

・水分補給をすすめましょう
周囲の大人が子供の様子に気を付け、状況に応じて水分補給をすすめましょう。

・子どもは大人より暑い?!
背の低い子供は地面に近いので、大人よりも暑い環境にいることになります。周囲の大人が顔色や発汗の様子を観察し適切に対処しましょう。

・車内での発生に注意
炎天下の中、駐車している車は非常に高温になるため、短時間で熱中症になる危険性があります。車を離れるときは、必ず子供と一緒に!

 

この著者の最新の記事

関連記事

友だち追加

おすすめ記事

  1. 2020-12-18

    【働くママにインタビュー】学研の先生

    「KidsDo MaMaPLUS」2020年冬号にご登場いただいた学研赤間小前教室の田町先生は、今年…
  2. 2020-12-1

    【子育てインタビュー】とにかく明るい性教育 パンツの教室 長崎みなこさん

    なんとなく、話をすることがタブーになりがちな性の話題。子どもたちから、自分たちがどこから生まれてきた…
  3. 2020-12-1

    ☆特別プレゼントあり☆『子どものタイプ別対応法』を知って、子育てをもっと楽しもう!

    先生の紹介 石田勝紀(いしだ かつのり) 先生『一般社団法人 教育デザインラボ』代表理事。学習…
友だち追加

ページ上部へ戻る