4月23日~5月12日はこどもの読書週間です。

こどもの読書週間とは?疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
KidsDo本誌やMaMaPLUSでも絵本紹介が始まっています。忙しくてなかなかゆっくり絵本を読んであげられない方も多いかもしれません。
この機会に子どもにとっての『本』について考えてみましょう。


こどもの読書週間とは、公益社団法人読書推進運動協議会のサイトによると

『子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日~14日)でしたが、子どもの読書への関心の高まりを受けて、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)~5月12日に期間を延長しました。開始当時より、図書館・書店・学校を中心に、子どもたちに本を手渡すさまざまな行事が行われてきました。
幼少のときから書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知り、ものごとを正しく判断する力をつけておくことが、子どもたちにとってどんなに大切なことか……。子どもに読書を勧めるだけでなく、大人にとっても子どもの読書の大切さを考えるとき、それが「こどもの読書週間」です。』

と書かれています。
子ども達と一緒に親も本に親しむ期間なのです!
MaMaPLUSやKidsDo本誌の絵本紹介を参考に、いつもより少しだけ長い読み聞かせタイムはいかがですか?

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019-7-25

    7/27(土)、レスポアール久山で開催!おけいこタウン「まなぼう!あそぼう!」

    「見たい!」「やってみたい!」好奇心を刺激する、 講演会やワークショップがたくさん! 2019年7月…
  2. 2019-7-17

    2019年8月9日夏休み自由研究応援ワークショップin福津イオン

    いよいよ夏休み! 小学生のお子様がいる家庭では、毎年頭を悩ませるのが自由研究。 みんなの自由研究を応…
  3. 2019-7-3

    KidsDo 食育プロジェクト始動!

    私たちのカラダは食べ物がつくっています。 食事の大切さは感じているけれど、ついつい手抜きになってしま…
ページ上部へ戻る