G-216C1TGMN2 G-EZ3N81K1XN

筥崎宮七夕祭 

近世まで廃絶していた行事を田村克喜前名誉宮司が、昭和32年に復活し、今年で62回目を迎えた『七夕祭』。

七夕の日に御神前に大字揮毫を奉納し、子どもたちの学業向上、書の上達、我が国や博多の文化の発展、繁栄を祈る神事です。

今年の奉仕者は、九州旅客鉄道(株) 唐池会長。

「氣」という文字を35畳分の和紙に、長さ約3メートル、重さ約8キロの大筆で揮毫されました。

「勇気、元気、気力という言葉にも「氣」が入っていますね。私自身、人生で最も大切にしているものは「氣」であり、人生で氣を満ち溢れさせることに努めてきたことから、今回選定させていただきました。」と、炎天下の中、力強く語っていただきました。

短冊に書かれたみんなのお願いが叶いそうですね。

jい

平成30年8月7日(火)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2022-6-10

    【2022年7月24日】いちねんせいなりきり体験【参加無料】

    はじめての進学はお子さんにとってはもちろん、保護者にとってもドキドキのイベント。そんな「はじめて」を…
  2. 2022-6-1

    【理想の家づくり応援特集】住宅展示場をまわって「デジタルスタンプラリー」でプレゼントをゲットしよう!

    KidsDo 2022夏号の「理想の家づくり応援特集」で、住宅展示場をまわってスタンプをゲットし、ス…
  3. 2022-6-1

    KidsDo【2022夏号】vol.33 電子ブック

    KidsDo福岡版の電子ブックができました!誌面が手に入りにくい方もこちらでチェックできます♪空…
電子ブック
友だち追加

プレスリリース

  1. 2018/2/21

    Webサイトを公開しました。
過去の記事
ページ上部へ戻る