子育てと両立できる働き方をさがしてくれる『おしごとぷらざ』

入園入学などお子さんの進学を期に仕事を始めようと考えているママさん、またはもっと子どもとの時間を過ごせる仕事に転職したい、そんなママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。でも長いブランクがあったり、フルタイム勤務は無理、子どもの病気のときは休めるの?と、再就職にも不安がたくさん。子育てと両立できる仕事選びについて、「お仕事のプロ」に聞きました!

教えてくれた人

株式会社シーエーセールススタッフ
統括マネージャー 伊藤 摩耶子さん
『おしごとぷらざ』を運営する派遣会社「株式会社シーエーセールススタッフ」の統括マネージャー。これまでたくさんの働きたいママたちをサポート。東京本社と福岡支社を行き来する多忙なお仕事ながら、ご自身も8ヵ月の女の子を子育て中!

子育てと両立できる?
ママの仕事さがしは不安もいっぱい。

博多駅にある来店型職業相談所『おしごとぷらざ』にはたくさんの女性が来店されます。もちろん、その中には子育て真っ最中のママさんも多いですよ。でも、みなさん「フルタイムじゃないとダメかな、子どもの急な熱で休めるのかな、子育てに理解がある会社かな」と不安がいっぱい。

求人雑誌や求人サイトを見て、時間や休みが合わないからできないとあきらめてしまいがちなんですね。「条件が合わないからできない」「私にそんな仕事は無理」と思ってしまうと、仕事さがしはさらに腰が重くなってしまいます。

でも、 「時間や休みなど自分の働ける条件、働く会社に子育ての理解があるか」 ―そこさえきちんとマッチングしていれば案外大丈夫!働き始めてみたらリズムが整い、仕事も家庭も軌道に乗るものなんですよ。

勤務時間や休みなど、ママの希望条件を企業へ交渉

『おしごとぷらざ』ではパート、派遣、紹介予定派遣、正社員など様々取り扱っています。例えば「15時までなら働ける」「収入を扶養内で抑えたい」など、 働ける条件とどのような仕事がしたいかを担当のコーディネーターに伝えてください。 求人票を見ると、「時間が合わない」「休みが合わない」などあるかもしれません。でも、今ある求人をただ紹介するのではなく、働きたい人の条件に合うよう仕事を生み出す、それが『おしごとぷらざ』なんです。

履歴書の添削や証明写真撮影もしてくれる
『おしごとぷらざ』
久しぶりに書く履歴書は一人で書くのは不安ですが、スタッフの方に相談しながら作成できるので心強い!

コーディネーターが時間や休み、給与など、ママの望む条件を企業に交渉します。自分で交渉するとなるとなかなか難しいですが、私たちが間に入るので安心してください。そこが求人雑誌や求人サイトでの仕事探しとの大きな違いですね。

スタッフは女性が中心。ママさんスタッフもいるので、家事・子育てとの両立への不安など気持ちを共感してくれ、相談しやすい雰囲気です。

5年後、10年後を考えた仕事選びで、ママの夢も諦めないで

相談に来られるママたちが望む仕事は様々です。家庭を優先したいから時間・休みが決まったものがいい、今はちょっと休憩したいので難しくない仕事がいい、またやりたかったことや夢に思い切ってチャレンジする方…その時々の家庭の事情やお子さんの年齢などで、みなさんの考えもいろいろ。

『おしごとぷらざ』には求人票がずらり!
貼りだされているもの以外にも多数あるのでご相談を。

でも今どのような仕事を選ぶにしても、5年後、10年後ママ自身がどうなりたいか、どんなことをして働いていたいかをぜひ考えてほしいと思っています。未来を考えて探すかそうでないかで、仕事選びも仕事に取り組む気持ちも変わってくるものです。

『おしごとぷらざ』では、 ママたちの今後のキャリアプランも考えての仕事の提案ができます。 「もう母親になったし。もう何歳だから」という理由でママのやりたいこと、ママの人生を諦めないでください!

家事・子育てと両立しながら働く伊藤さん。
そのパワーの源を教えてください!

私も育休を経て、娘が8カ月の時に復職しました。私が働くいちばんの理由は子どもです。社会で働いている母親の姿を娘に見てほしいと思っていて…。それに私は働いているほうが、自分自身のバランスが取れていいんです(笑)。社会と繋がれるからいろんな情報がもらえる、会社に行かないといけないから生活が正される、そして働くことでリフレッシュできるんです。

仕事は16時45分までに終えて、その後は母・妻としての時間。家に帰っても残った仕事のことなど気になりますが、明日頑張ろう!と思いっきり切り替え、娘といる時間は目一杯娘と過ごします。メリハリをつけるようにしていますね。

これから働くママたちへー伊藤さんからの応援メッセージ

私も子どもを保育園に預けて働くことにいろいろジレンマもありました。でも、私が仕事をしている時間、娘は娘の時間を過ごしている、保育園でプロの先生たちに見てもらってとても成長していると信じています。

子どもを預けて働くということには様々な意見もあります。自分なりのルールや信念を持ってやっていかないとと思っています。家庭でお子さんを見ることができたなら、それはそれでいいことだと思います。ただ、それができない人は「自分のやり方」を信じてやっていきましょう!

おしごとぷらざ
派遣業界初の来店型職業相談所。博多駅にあるのでアクセスも良く、ショッピングのついでにも立ち寄れるので便利。相談無料・登録自由なので、まずはどんな仕事があるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。
電話 0120ー045ー177
住所 福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多ステーションビル地下街
営業時間 10:00〜20:00
休み なし(年中無休)

 

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-18

    いつ起こるかわからない災害 子どもを守るために~教えて!ドクター

    今年の夏は、猛暑だけでなく、台風21号による被害や、震度7を観測した北海道での地震で多くの方が被…
  2. 2018-8-21

    【PaPaも!】パパの育児術(おもちゃ・絵本・おでかけ・離乳食)

    『KidsDo MaMaPLUS』で、2018年秋号より新連載「PaPaも! パパに知ってほしい子ど…
  3. 2018-6-18

    地震に備える!あなたのお家の対策は?!

    災害が少ない都市で住みやすいといわれていた福岡。 しかし、福岡県西方沖地震では、福岡にも大きな揺れ…
ページ上部へ戻る